『ルーツを辿る旅』其の二 おじいちゃんの形見

こんばんは!吉山良太です。

 

先週はおじいちゃんの一回忌でした。

 

僕を含めて

普段は会わない兄弟姉妹が

久しぶりに実家に集まった。

 

おじいちゃんは

本当にいい人だったんです。

 

気が良くて

孫に物をあげるのが大好きだった。

 

昔は米軍基地で働いていたものだから

仕事で使っていた電力測定器や双眼鏡も

米軍からもらった高価な指輪や勲章も

少年時代の僕が両手を上げて

喜ぶようなものをたくさんくれた。

 

 

おじいちゃんの少年時代は

まさに第二次世界大戦の真っ只中だった。

 

どん底のような貧乏生活をしたと

よく話してくれました。

 

先週はそんなおじいちゃんが

実家に遺してくれたものを取り出して

じっくり眺めてくることができました。

 

 

そのなかにあったのが

おじいちゃんの回顧録です。

 

それは、おじいちゃんの人生物語でした。

 

子供時代の苦しい思い出も

おばあちゃんとの馴れ初めも

お父さんが生まれた時の喜びも

すべてが詰まっている。

 

そして回顧録にあったのは

おじいちゃんのお手製の家系図でした。

 

 

現物は少々見づらいので

図にまとめることにします。

 

 

 

※一部、仮名を使っています

 

さて、

いま分かっている限りでは

吉山 宗右衛門さんが第一代目です。

 

※漢字の読みは大阪の地名にもある「そうえもん」っぽいですが

おじいちゃんの回顧録には「りきえもん」とありました。

 

そこから世代を辿っていくと

僕は吉山家七代目であることがわかりました。

 

次回からは

自分(七代目)から戸籍を辿っていくことで

自分たちの先祖がどの地域から来たのかを

探っていきたいと思います!

『ルーツを辿る旅』其の一 新企画が始まります!

こんにちは!吉山良太です。

 

新企画をすることにしまして

今回は、記念すべき第一回目となります!

 

題して

「自分のルーツを辿ってみる」です!

 

この企画を画策した理由は

僕が取材を主としたフリーライター

を目指しているからです。

 

初心者が取材ライターになるって、

簡単なことではないはず。

 

お仕事も簡単には

任せていただけないのではないか。

(めちゃ悲観的です)

 

 

そこでこの企画!

このブログで勝手に取材をしちゃって、

それを案件応募のときにアピールしようと。

実績の一つにしちゃおうと、そういうわけなんです。

 

そこでこの第一回目では

自分のルーツを辿る企画について

 

どういう経緯でやることになったの?

どんなことを調べるの?

どんなやり方で取材を進めるの?

 

というところをはっきりさせて

次回からの本格的な調査に臨もうと思っています!

 

 

 

どういう経緯でやることになったの?

この企画を思いついたのは

彼女と話していたときでした。

 

 

~~~~我々の会話の回想~~~~

 

彼女

「『吉山』って苗字珍しいよね」

 

「たしかに…!

そういや吉山家って元々は

大きい家柄らしいよ。昔は山を持ってて。

でも男の子が生まれなかった代が

あって、どっかから男の子を見繕った

(養子にした)んだってさ。

だから、本物の吉山家の血は

もう途絶えてるんだな」

 

彼女

「それ面白いね!遡って取材してみなよ」

 

~~~~~~~~~~~~~

 

…というわけで

ノリから始まったこの企画。

 

ルーツ辿る旅がいよいよ始まります!

 

 

 

どんなことを調べるの?

 

目的はもうすでに決まっているんですね。

 

その1

自分の家系図を作ってみたい!

 

その2

家系図にでてくる先祖たちの

キャラクター(人物像)を知りたい!

 

その3

本家本元の『吉山家』の子孫を見つけたい!

 

 

こういうお題目で調査をしていきます!

 

 

 

どんなやり方で取材を進めるの?

 

 

目的別にアプローチを変えていく作戦です!

 

 

その1

自分の家系図を作ってみたい!

 

家系図って、実はプロに依頼しなくても

自分で頑張って作れるそうですよ。

 

その方法は至ってシンプル。

 

戸籍を辿ればいいんです。

 

 

ただし、障害もあります。

まず、戸籍は一人につき、

一つじゃないということ。

 

転籍をしていたり、

結婚したり

書式改正していたりという理由で

戸籍が変わるのはよくあるらしい。

 

だから、自分の戸籍も

父親の戸籍も

地道に辿って行かないといけないんですね。

 

さらに

除籍という制度があります。

 

戸籍上の人物がみんな

亡くなってしまっている場合

 

その戸籍は150年経ったら

役所から消去されてしまうそうです。

それを除籍といいます。

 

 

これがあると途中で本家の血筋を

辿れなくなる可能性があるんですね…。

 

 

とはいえ

こういった条件さえクリアできれば

戸籍制度が発足した明治時代まで

先祖辿れるはず!

 

 

やる価値は十分にありますね!

 

 

その2
家系図にでてくる先祖たちの
キャラクター(人物像)を知りたい!

 

『その1』で前の先祖の戸籍が判明したら、

その人を知る人物を足で

探していこうかなと思っています!(まあ、なんて地道…)

 

でも結局は

その人(祖先)がどんな人だったのか

それを知っていそうな人に

体当たりするしかないんですね。

 

特に僕の家庭は

親戚付き合いがあまりなかったので

頼れる人が少ないんです。

 

というわけで

祖先の写真、性格、経歴。

人となりを知るための情報を

できる限り集めていこうと思っています!

 

 

その3
本家本元の『吉山家』の子孫を見つけたい!

 

自分の知らなかったところで

本家本元の『吉山』さんが

まだ生きている。

 

その人に会って話ができる。

これはもう、ロマンじゃないですか?

 

『吉山家』の本家の血筋が枝分かれして

その子孫が今もどこかで

暮らしていらっしゃるかもしれません。

 

戸籍を集めながらそれも探っていこうと思います!

 

 

自分のルーツの辿り方 – 参考になるサイト・動画

 

 

下記を参考に調べてみました!

 

僕以外にも、戸籍を辿ってみたい方はいらっしゃるはず。

 

是非参考にしてみてください!

 

 

―PCサイト 「家系の調べ方、戸籍の取り方・たどり方(家系の調べ方編)」

岩手遺言・相続相談センター
田村行政書士事務所

 

 

―YOUTUBE 「戸籍さかのぼって先祖調査・家系図作成

先祖調査・家系図作成チャンネル